Japanese / English
Japanese / English
  • HOME
  • optiglow™case

optiglowcase

光のショーケース はじまるショータイム 輝きの演出をもっと近くへ「OPTIGLOW™CASE」

optiglowcase(オプティグローケース)とは

ガラスケースの中にoptiglow™ユニットを組み込み開発され、立体的な光と映像の空間演出を可能にした今までにないショーケースです。幅、奥行き共に45cm、高さ70cm(1m60cm自立スタンドを含む)の筐体は、ちょうど人がひとり立てるくらいのスペースがあれば設置することができます。あとは、1本の電源ケーブルをコンセントに挿せばショータイムの始まりです。

イメージ:optiglow™case(オプティグローケース)とは

スケールを錯覚してしまうリアル演出

optiglow™conversionにより変換された光は、ガラスケース正面から投射されたヴァーチャルプロジェクションとして演出することができます。これにより、ガラスケース内に配置された造形オブジェクトにフルカラーの照明演出、ムービングライト、デジタルゴボパターン、そして、ムービーの投射をも可能にしました。optiglow™brightstage**で特殊処理された内部展示台と背面部は、5000:1の高コントラストスクリーンとして、黒い画面に映像やインフォメーションを浮かび上らせる事ができます。

イメージ:スケールを錯覚してしまうリアル演出

高品位な音場体験

optiglow™caseに採用された高品質なスピーカーユニットは、360°に拡がるReflection soundシステムにより、どの位置からでも立体的な音場体験をすることができます。

イメージ:高品位な音場体験

昼夜問わずショータイムが可能に

これまで照明演出や映像投影は暗い場所でしか十分な効果を発揮できませんでした。特に、映像演出となると明るい部屋では白飛びした映像になってしまいます。optiglow™caseは、その明るい状態の部屋でもはっきりと光の演出を見ることができます。

イメージ:昼夜問わずショータイムが可能に

プロジェクションマッピング

世界初のプロジェクションマッピングができる45cm角一体型のガラスケースは、サイズクラス最高の明るさと解像度で、高品位な映像を素材問わず様々なものにマッピングすることが可能です。

イメージ:プロジェクションマッピング

見えない光源

optiglow™のヴァーチャルプロジェクションにより光源が視界から消えました。また、独自のビューポイントコントロール(viewpoint-replacement)により錯覚効果のコントロールも可能です。

イメージ:プロジェクションマッピング
  • * ケース正面からの映像投射をヴァーチャル(フロント投射をすることなく)に可能にした技術
  • ** 光演出効果を最大限に引き出すため特殊加工が組み合わされた舞台空間

PCT国際出願済